クロネコwebコレクト

取扱い商品

■AHDカメラ

■EX-SDIカメラ

■太陽光発電所セキュリティ

■ソーラー防犯カメラ

■ミマモリ君WEB

■IoT地震速報システム

■iSuiko 水耕栽培制御システム

■次世代IoTゲートウェイ

■クラウドカメラ AiSTRIX

■ハンズフリー認証入退出管理システム

■ICタグ入退出管理システム

■顔認証入退出管理システム FaceStation2

■AIガードマン

■メンタルチェッカー

■不審者事前検知ソフト DEFENDER-X

■ソーラー電源式不法投棄監視カメラ

■侵入警報システム

■FLIRサーマルカメラ

■FLIR海洋用高性能サーマルカメラ

■FLIRドローンサーマルカメラ

■BOSCH MICシリーズ

■BOSCH DINION IP サーマル8000

■BOSCH 赤外線PTZカメラ

■BOSCH IPカメラ

■BOSCH 4Kカメラ

■パナソニックIPカメラ

■HD-CVIカメラ

■Dahuaカメラ

■UNIVIEWカメラ

■HD-TVIカメラ

■サムスンカメラ

■アクシスカメラ

■街頭防犯カメラ

■車番撮影IPカメラ

■Googlemapストリートビュー屋内版

■赤外線サーマルセンサ Grid-Eye

■業務用ウェアラブルカメラ

■チェーンゲート

■オートロック電磁錠

■LTEクロッシー(Xi)ルーター

■長距離WiFiアダプター

■200万画素IPピンホールカメラ

■全方位魚眼カメラ

■音声合成警報器(アローボイス)

■LED回転灯付音声合成警報器
(ニコボイス)

■110番通報装置

■GPS発信機

■おまかせコール KS-55mini 4G

■ワイヤレスセキュリティ(RSG1)

■介護見守り緊急通報装置

■デジタル看板サイネージ

■屋外用LED投光器

■ソーラーライト

■ソーラーLED標識

■ソーラー式LED照明灯

■ソーラーLEDセンサライト

■LED積層灯ニコタワー・プチ

■セキュリティ耐火金庫

■ダミーカメラ

■防犯ステッカー・看板

■コニカミノルタ複合機

■NECビジネスホン

■遠隔監視システム コルソスCSDX

■保育園ライブ中継カメラ

 

施工写真

■ソーラー防犯カメラ

■京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)様

■会社・店舗・医院

■マンション

■商店街

■街頭防犯カメラ

■太陽光発電所セキュリティ

■110番通報装置

■一般家庭

■足場・建設現場

■駐車場

■チェーンゲート

■バーゲート

■大型門扉

■駐輪ラック

■上屋

■学校

■農園

■電磁錠

 

お役立ち情報

■防犯対策

■防犯カメラの豆知識

■監視カメラの豆知識

■防犯カメラ用語集

■IPカメラあるある

■医院の犯罪

■犯罪情報マップ

■兵庫防犯ネット

■関連リンクページ

■補助金制度のご案内

 

 

 

 

      医院における犯罪の増加、この恐ろしい現実!

         医院の防犯対策は万全ですか?

気を付けているつもりでも、意外なところが泥棒の標的になっているかもしれません。
医院の防犯に役立つ情報をご用意しました。ぜひ医院の防犯対策にお役立てください。

■医療機関における犯罪事情                                                                                
 病院・医院など医療機関を取り巻く環境もここ数年悪化しています。平成24年で病(医)院診療所での刑法犯は9,137件(前年9,359件)、うち殺人や強盗などの凶悪犯が31件(前年38件)、暴行や傷害など粗暴犯は591件(前年472件)、侵入窃盗は1,562件(前年1,947件)発生しています。他の犯罪が減っており、侵入窃盗全体も減少している中で病院・医院など医療機関の侵入窃盗は大きく伸びていることに注意が必要です。中には病院・医院を専門の侵入窃盗犯が存在します。

 病院ばかりを狙って窃盗を400件繰り返していた窃盗犯は「病院は出入自由で、警備が手薄であった」「早朝や深夜に出入りしていても誰も不審に思わない」と語っています。「病院は防犯意識が低いから入りやすい」というのが彼らの言い分です。

■病院が侵入窃盗被害対象になりやすい理由

  • 病院には入院患者、見舞客、付き添い家族などが昼夜を問わず常に出入りしており、夜間も正面出入口は閉まっていても緊急の出入口は開けられており、自由に出入可能である。
  • 病院には入院客も当直もいるため常に人がいるので、警備システムなどが事務所にもついていないことが多いが、実際には当直などは手薄でそちらにまで目が行き届いていない。
  • 事務室にはノートパソコンがありパソコンは中古市場で換金可能。
  • ある泥棒はパジャマ姿で泥棒を実行。パジャマ姿なら昼夜病院を歩いていて出くわしても誰も変には思われない
  • マスクをして白衣を着ていると職員との見分けがつかない。

■病院・医院など医療機関の被害事例

  • パソコン・ノートパソコンの盗難(患者の病歴など個人情報が入っている)
    大学病院、総合病院などでは多くのパソコン、ノートパソコンを使用しますが、こうしたパソコン・ノートパソコンの盗難被害も多く発生しています。パソコン内には患者カルテや個人情報も入っており、即個人情報漏えいという大きな問題に発展します。
  • 入院患者の個人所有現金盗難
    検査やリハビリなどで入院客が部屋のベットから離れる時間を狙って、入院患者の手持ち現金や見舞金が盗まれるケースも多い。中には財布の中のクレジットカードがその短時間にスキミングされた事例も発生しています。
  • 外来患者の診察前や診察後の会計中の手荷物の置き引き、駐車場の車上荒らし
    混雑した受付場所や待合室などで外来患者の手荷物の置き引きが多発しています。又、駐車場の自動車内の手荷物などを盗まれる事例もあります。
  • 薬・注射針などの盗難・紛失
    病院として盗まれてはいけないものの一つに薬や注射針などがあります。睡眠薬や向精神薬、劇薬などの盗難件数も多発しています。
  • 新生児の連れ去り
    新生児室より新生児を連れ去るという被害も過去に何度も発生しています。
  • 恨みによる傷害事件
    治療に対する逆恨みなどによる傷害事件も発生しています。医師だけが狙われるのではなく看護師や患者も被害に遭うケースがあります。
  • 院内暴力・セクハラ
    新医師や看護師ら病院職員が患者とその家族から身体的・精神的暴力を受けたことがある病院が全国で5割に上がります。又、看護師へのセクハラ被害も多発しています。
  • 診察時間終了間際の強盗
    個人病院などの診察時間終了間際を狙っての強盗が多発しています。
  • 個人医院の場合は、個人財産、家財・貴金属・家族の命も
    「医者=金持ち」とのイメージより、個人宅が侵入窃盗が多発しています

■医院その他犯罪例、凶悪犯・粗暴犯・侵入窃盗・院内犯罪など

  • 殺人、放火、強盗、窃盗、強制わいせつ、
  • 凶器準備、暴行、傷害、脅迫、恐喝、逆恨みの犯行
  • 金庫破り、空巣狙い、忍び込み、ストーカー
  • 置き引き、車上荒らし、自転車・バイクの盗難、すり、ひったくり
  • 器物損壊、個人情報の漏洩、流出(電子カルテ)、サイバーテロ
  • 向精神薬、医療機器、薬、注射針の盗難、横流し、密売など
  • 医院荒らし、スタッフルームのロッカー荒らし、レジの不正行為
  • 高度な医療機器の破壊、レセコン・パソコンの破壊、持ち出し
  • 手術室、レントゲン室、MRI室への無断侵入
  • VIP患者(要人)、暴力団関係者の暴力、報復
  • 受付の接客応対サービス(感じの良さ、悪さ)、金銭トラブル(釣銭間違いなど)
  • ノートパソコンの盗難(患者の病歴、個人情報の漏洩、流出)
  • 患者の所持品(傘、靴、バッグ)、所持金の盗難
  • 向精神薬、薬物、劇薬、毒物の紛失、盗難、流出、転売
  • 新生児の連れ去り
  • 恨みによる傷害、暴行事件、過誤・誤認・でっちあげによる言いがかり
  • 診察時間終了間際の強盗
  • 手術室への無断侵入
  • 駐車場(車上荒らし・暴漢)
  • 通用口、夜間出入口(不法侵入、忍び込み)
  • 厨房、食材庫(不法侵入、忍び込み)
  • 事務室、コンピュータルームなど事務所荒らしや金庫荒らし
  • 精神病者、老人痴呆患者の徘徊や暴れ
  • 廃棄物の保管庫(使用済み注射針や汚染物質の盗難悪用)
  • 院長室、理事長室(逆恨みなどで暴行、傷害行為)、看護師への犯罪(暴言・暴漢・ストーカー)

■今の医院向け防犯監視カメラとは

  • 医院内外の映像が、スマホで見れ音声が聴ける
  • インターネット経由で何処にいても遠隔監視ができる 
  • メガピクセルカメラは、人・車・紙幣が鮮明に写る 
  • PTZカメラは、首振りズームが自由自在に操作できる 
  • 受付から死角になる待合室や廊下を監視できる 
  • 患者さんの動きや動線が把握できる 
  • レコーダーは、24時間365日、連続自動録画する 
  • 被害、不審事項があれば、証拠映像を再生・バックアップできる 
  • 不審者の出入りが把握できる 
  • スタッフの勤怠管理、日常の業務管理ができる

■空き巣と忍び込み・居空き
「空き巣」とは、昼間不在の住宅に侵入し、金品を盗むもの。
「忍び込み」とは、夜、家人が就寝中に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むもの。
「居空き」とは、家人が昼寝や食事、洗濯干し物中、庭先の手入れをしているすきに屋内に侵入し、金品を盗むものです。

■侵入窃盗の手口いろいろ
泥棒は1つの方法で成功するとその方法で犯行を繰り返すこととなり、自ずとその泥棒独自のやり方が決まってきます。この手口について研究することは防犯対策を考える上で非常に大切です。

ガラス破り
 窓ガラスやガラス戸をドライバー、ガムテープなどを使用し割ってそこから手を入れてサムターンやクレセント錠等を開ける手口。最近はガラス全体を切り抜いて窓を開けずに侵入する手口も発生している。
ドア錠破り
・扉とドアの隙間をバールなどで破壊する
・円筒錠やインテグラル錠をプライヤー等で破壊する
無締まり
 無締まりの場所を探して侵入。立ち話中の一瞬やトイレ、風呂場などの鍵をかけていない場所
合鍵による
 合鍵を探して侵入。植木鉢の下・郵便受けなど
ピッキング
 錠前にピックと呼ばれる特殊器具を差し込み、錠前を解錠する手口。約数秒で解錠でき、ほとんど形跡が残らない。H12年頃外国人窃盗団などにより急増した。マンションに多い。東京など都市部よりピッキングに強い錠に変更したり、ピッキング条例や法律(※)が制定、取り締まり強化により下火に。地方ではまだ見受けられるが、全体として現在は数パーセントの被害に留まる。※特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律(H15.9.1施行)
サムターン回し解錠(特異破り)
 ドアにドリルで穴を開けて金属棒を差し込む等、様々な特殊工具を用いて内側のつまみ(サムターン)を回して不正解錠する手口。 H14年頃より急増。
焼き破り
 力の強いライターでガラス戸の一部(鍵付近)を熱した後、急激に冷やし、ドライバーなどで割る手口。
 H15年春頃から急増。ガラスの破壊音が少ないため犯行に気づかれにくい。一戸建て住宅に多い。
壁破り
 入り口のドアノブの脇の壁に電気ドリルなどを使用して穴を開け、開けた穴から手を入れて鍵を開け侵入する手口。ビルの中にある事務所・店の被害が多い。H15年春より増加。
こじ破り
 ドライバーでガラスとサッシの間をこじ開ける。

■犯罪窃盗の種類
空き巣ねらい
 不在の住宅に侵入し、金品を盗むもの
居あき
 家人が昼寝や食事、洗濯ほしもの中、庭先の手入れなどをしているすきに屋内に侵入し、金品を盗むもの
更衣室荒し
 官公署、会社、学校、銀行、病院、工場、ゴルフ場などの更衣室に侵入し職員又は客用更衣ロッカーから金品を盗むもの
金庫破り
 事業所、事務所などに侵入し、据付け金庫を破り、又は搬出して盗むもの
給油所荒し
 ガソリンスタンドに侵入し、金品を盗むもの
出店荒し
 休日、夜間で侵入し、金品を盗むもの
店舗荒し
 店内の商品、売上金を素早く窃取するもの
自動販売機荒し
 自動販売機又はその中の現金もしくは物品を窃取するもの
忍び込み
 家人が就寝時に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むもの
旅館荒し
 旅館やホテル、民宿に侵入し、金品を盗むもの
官公署荒し
 官公署の建物に侵入し、金品を盗むもの
学校荒し
 学校、保育園、各種学校などの建物に侵入し金品を盗むもの
病院荒し
 病院、診療所、医院などの建物に侵入し、金品を盗むもの
事務所荒し
 事業所、会社などの事務所に侵入し、金品を盗むもの
工場荒し
 工場などに侵入し、金品を盗むもの
小屋荒し
 小屋に侵入し、金品を盗むもの
入り待ち
 百貨店、スーパーマーケットなどで昼間に店内に入りトイレの点検口などに上がり隠れて営業終了後店内にて金品を盗み、翌日営業時間に立ち去るもの。