• 施工写真(一目で分かる施工写真を公開)
  • 防犯お役立ち情報(防犯の知って得するお得な情報)

BOSCH サーマルカメラ

資料をPDF形式で公開しております。
PDFファイルを見るには、Adobe社が無償配布している「 Adobe Acrobat Reader 」が必要です。

DINION IP thermal 8000

DINION IP thermal 8000 未冷却の酸化バナジウムマイクロボロメータを使用して高感度の熱画像を提供し、優れた画質を提供します。このカメラは、サーマルイメージングのメリットとBOSCHのIntelligent Video Analyticsを組み合わせたものです。 関 心領域の自然または人工照明は必要ありません。煙、ほこり、 かすみ、かぶりなどの激しい環境下でも、昼も夜も鮮明で鮮明な 画像が得られます。

DINION IP thermal 8000 カメラには、狭視野(NFOV)または広視野(WFOV)のいずれかのレンズが付属しています。QVGA解像度の変種は、9または 60 fpsのフレームレートで使用できます。VGA解像度の変種は、9または30 fpsのフレームレートで使用できます。このカメラは堅牢な屋外ハウジングに収納されており、厳しい環境での幅広い用途に最適です。

参考動画(BOSCHサーマルカメラ)



【主な特長】

  • 長い検出範囲(最大5850m)
  • 統合インテリジェントビデオ分析
  • より鮮明な画像に対応する640×480の解像度バージョン
  • データ保護のための高いアクセスセキュリティ

レンジパフォーマンス
以下の表は、標準的なモニタリングのための様々なレンズの理想的な状態での近似範囲性能を示します。


機能
インテリジェントビデオ分析
統合ビデオ分析は堅牢でインテリジェントです。 Intelligenceat- the-Edgeのコンセプトは、さらに強力な機能を提供します。

 •簡単なキャリブレーション
 •誤ったアラームの削減
 •拡張範囲の識別

ミッションクリティカルなビデオ分析は、オブジェクトを確実に検出、追跡、および分析し、あらかじめ定義されたアラームがトリガーされたときに警告します。オブジェクトフィルターやトラッキングモードとともに、スマートなアラームルールセットにより、複雑な作業が簡単に行えます。また、システムは非常に頑強で、過酷な気象条件においても紅葉や揺れなどの誤警報を低減することができます。メタデータは、感覚と構造を追加するためにビデオに添付されています。これにより、数時間の保存ビデオから関連する画像をすばやく検索することができます。メタデータは、反駁不可能な法医学的証拠を提供したり、人数や人口密度情報に基づいてビジネスプロセスを最適化するためにも使用できます。キャリブレーションはすばやく簡単です。カメラの高さを入力するだけです。内部ジャイロ/加速度センサーは、残りの情報を提供して、ビデオ分析を正確に較正します。
複数のストリーム
革新的なマルチストリーミング機能は、M-PEGストリームとともにさまざまなH.264ストリームを配信します。これらのストリームは、帯域幅効率の高い視聴と録画を可能にし、サードパーティのビデオ管理システムとの統合も容易にします。 第1のストリームに対して選択された解像度およびフレームレートに応じて、第2のストリームは、第1のストリームまたはより低い 解像度のストリームのコピーを提供する。第3のストリームは、記録のために第1のストリームのIフレームを使用する。 第4のストリームは、最大10Mbit /sのJPEG画像を示す。
ストレージ管理
録画管理はBosch Video Recording Manager(VRM)で制御でき ます。また、カメラは録画ソフトウェアなしで直接iSCSIターゲットを使用できます。
エッジ記録
メモリカードをカードスロットに挿入し、最大2 TBのローカルアラーム録画を保存します。RAMのプリアラーム録画は、ネットワーク上の録画帯域幅を削減し、メモリカードの有効寿命を延長します。
ハイブリッド操作
サージ保護されたアナログビデオ出力によりフルハイブリッド動作が可能です。つまり、高解像度のIPビデオストリーミングとアナログビデオ出力を同時に利用できます。ハイブリッド機能は、レガシーCCTVから最新のIPベースのシステムへの容易な移行パスを提供します。
データセキュリティ
デバイスアクセスとデータ転送の最高レベルのセキュリティを確保するための特別な対策が講じられています。セキュリティの推奨事項を備えた3レベルのパスワード保護により、ユーザーはデバ イスアクセスをカスタマイズできます。HTTPSを使用してWebブラウザのアクセスを保護し、認証された安全なアップロードでファームウェアの更新を保護することもできます。オンボードのTPM(Trusted Platform Module)とPKI(Public Key Infrastructure)のサポートにより、悪意のある攻撃からの優 れた保護が保証されます。
EAP / TLSによる802.1xネットワーク
認証、サポート
TLS 1.2には、AES 256暗号化を含む最新の暗号スイートが搭載さ れています。高度な証明書処理により、
 • 必要に応じて自動的に作成された自己署名の一意の証明書
 • 認証用のクライアント証明書とサーバ証明書
 • 真正性の証明のためのクライアント証明書
 • 暗号化された秘密鍵を持つ証明書
完全な閲覧ソフトウェア
カメラの機能にアクセスするには多くの方法があります︓
Webブラウザ、Bosch Video Management System、無償 Bosch Video ClientまたはVideo Security Client、ビデオセキュ リティモバイルアプリ、またはサードパーティ製ソフトウェアを使用することができます。
システムインテグレーション
カメラはONVIF Profile S仕様に準拠しています。これらの規格に準拠することで、製造元に関係なくネットワークビデオ製品間の相互運用性が保証されます。

寸法図

【主要取引先】
  • NEXCO西日本関西支社(西日本高速道路株式会社)
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • 株式会社デンソー
  • 富士通株式会社
  • 京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)
  • 特定非営利活動法人(NPO 法人) 明日の京都文化遺産プラットフォーム
  • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
  • SMFLキャピタル株式会社(旧社名:日本GE合同会社)
  • オリックス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • 日立キャピタルNBL株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • アツミ電氣株式会社
  • NECプラットフォームズ株式会社
  • オプテックス株式会社
  • 株式会社ROD
  • 株式会社ティービーアイ
【加入団体等】
  • 公益社団法人 日本防犯設備協会正会員
  • NPO法人 大阪府防犯設備士協会会員 防犯アドバイザー認定
  • NPO法人 兵庫県防犯設備協会会員 防犯アドバイザー認定
  • 愛知県セルフガード協会会員 防犯アドバイザー認定
  • 公益社団法人 大阪府防犯協会連合会 大阪府防犯モデル駐車場審査委員
  • NPO法人 大阪府防犯設備士協会 熊取町・田尻町・泉佐野市幹事
  • 大阪府保険医協同組合
【求人/代理店募集】
  • 営業・工事・販売代理店
【業務案内/取扱商品】
  • 防犯システム/防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • IoTシステム 設計・開発・販売・施工
  • ネットワークカメラシステム 設計・施工・保守
  • 侵入警報セキュリティシステム 設計・施工・保守
  • ソーラー防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • 太陽光発電所向けセキュリティシステム 設計・施工・保守
  • 遠隔監視画像送信システム 設計・施工・保守
  • 街頭防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • 熱源監視サーマルカメラシステム 設計・施工・保守
  • オートロック電磁錠システム 設計・施工・保守
  • 駐車場ロボットゲートシステム 設計・施工・保守
  • 駐車場チェーンゲートシステム 設計・施工・保守
  • 駐車場無人管理装置(チェーン式・バー式・電動式門扉・垂直昇降ポール) 設計・施工・保守
  • 駐輪場設備(サイクルユニット・二段式ラック・搬送コンベア)
    設計・施工・保守
  • 駐車場管制装置(車輌検知器・信号灯・IVTカメラ・入出庫管理機器)設計・施工・保守
  • 業務用ウェアラブルカメラシステム 設計・施工・保守
  • WEB会議システム 設計・施工・保守
  • 入退室管理システム  設計・施工・保守
  • 110番緊急通報システム 設計・施工・保守
  • NECビジネスホン、コニカミノルタ複合機、三菱LED照明
  • 高齢者見守りシステム 設計・施工・保守
  • バイタルセンサシステム 設計・施工・保守
【保有資格等】
  • 警察庁公認防犯設備士
  • 第2種電気工事士
  • 低圧、高圧電路作業受講済み
  • 高所作業車講習受講済み
【メディア掲載】
  • TV東京「ワールドビジネスサテライト」で放映されました。
    (平成22年6月)
  • 日本経済新聞電子版に掲載されました。(平成22年6月)
  • 日刊工業新聞に掲載されました。(平成22年6月)

お問合せはコチラから