侵入警報システム

資料をPDF形式で公開しております。
PDFファイルを見るには、Adobe社が無償配布している「 Adobe Acrobat Reader 」が必要です。

侵入警報システム

~警備員・鍵かけ不要の自主機械警備システム~

ひかり回線対応、各設備の自動監視、通報機能付。強力な威かく音と投光で即時撃退!お客様へ自動通報!

 



機器ラインナップ

侵入警報システム

  
セキュリティコントローラ
セキュリティコントローラ
防犯8回線、火災、非常回線を装備。 音声通報機能(9箇所搭載

ビームセンサ
赤外線ビームセンサ
ビームセンサで人の遮断を検知。 塀やフェンスの外周警備を行う

パッシブセンサ
パッシブセンサ
屋内用熱線センサ、90度12m
人の体温と周囲の温度差で検知

屋外用3段パッシブセンサ
屋外用パッシブセンサ
屋外用熱線センサ、90度12m
3段センサの遮断により人を検知

ベル、サイレン
ベル、サイレン
強力な警報音で侵入者を威かく


投光器
投光器
強力な光で侵入者を威かく


アローボイス
アローボイス
人の音声で侵入者を威かくする。 「不法侵入です、入らないでください、 警察に通報しました」



回転灯、フラッシュライト
左:回転灯
強力な赤色回転灯で侵入者を威かく
右:フラッシュライト
毎分60回の閃光で侵入者を威かく


差動式熱感知器
火災センサ

左:差動式熱感知器
普段火の気のない部屋の急激な温度変化を検知

右:定温式熱感知器
普段火を使う台所などの火災熱を一定温度で検知


キーリモコンスイッチ
キーリモコンスイッチ
警戒、解除をデインプルキーでセット


非接触リモコンスイッチ
非接触リモコンスイッチ
警戒、解除を非接触タグでセット、個人別の入退室履歴が残る

マグネットセンサ
マグネットセンサ
侵入者によるドア、窓の開閉を検知


農業新聞(農経しんぽう)に掲載されました。

(H26.10.20掲載分)
トーカイセキュリティ㈱は、24時間365日太陽光発電所を警備する「ソーラーセキュリティ」を発売し、好評を博している。2012年7月より再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートして以来、メガソーラーの建設が各地で活発化している。一方、ソーラーパネルの供給は不足しており、転売を目的としたパネル盗難が多発している。不審者に侵入され太陽光パネルが盗まれたり破損されたりすると、エネルギーの生産性が低下し、修理費用や新たなパネルの購入費用が発生する。侵入を早期発見し、適切な初期対応を行って損害を未然に防ぐためにも警備システムの導入が必要となる。
「ソーラーセキュリティ」は、遠隔監視カメラを使い、リアルタイムで監視するとともに、証拠とり録画を24時間365日行う。また、ソーラー設備機器等の状態をインターネット経由で遠隔監視することにより、故障の発見や効率的な管理を実現する。外周警備においても、上下2段の赤外線ビームの同時遮断を検知すれば、信号で発報することによってサイレン・音声・回転灯、投光器などで威嚇撃退すると同時に関係者へ自動通報する。
人による巡回点検が必要なくなるため大幅な管理コスト削減が可能になり、利用者からは好評を博している。
(H26.8.25掲載分)
トーカイセキュリティ株式会社の防犯システムを導入したブドウ農家が、「盗難被害は完全に無くなった」と性能に太鼓判を押している。
果樹園に防犯システムを導入したのは、三重県伊賀市のOぶどう園だ。8年前に赤色系巨大粒の高糖度品種「安芸クイーン」の栽培を開始したところ、盗難が多発した。1kg2,500円~3,000円で売れる高級ブドウが一回で50房も盗まれたこともあった。
7反のブドウ園は、自宅から直線で約500mの丘の中腹にあり、実際の距離は1kmを超える。自宅から園の一部は見えるが全体は見えない。交通量の多い幹線道路も近くを通り、見知らぬ車が通るなど盗みに入られそうな気配を感じて駆けつけても間に合わない。夜間に盗まれると、朝になるまでわからない。盗難に悩まされていた時に娘さんが探してくれたのが、トーカイセキュリティの自動警備システムだった。
Oぶどう園では周囲を赤外線ビームセンサーで囲み、侵入者があったら105デシベルのサイレンが鳴るようにした。2007年に導入したところ効果は絶大。サイレンは集落中に鳴り響き、それ以来被害は全く発生していないとのこと。
トーカイセキュリティは「自動警備システムは電話回線につないで自動通報が入るようにしたり、人の音声で侵入者を威嚇することもできます。停電時はバッテリーで起動する。

機器ラインナップ

違いがわかる、セキュリティの徹底比較

トーカイセキュリティの場合
  • 侵入者へ強力な音・光で威かく、5秒 で撃退。
  • 音と光を嫌いすぐ逃げる。犯行心が失せる。
  • センサーの検知により、お客様へ異常発生の連絡が入る。
  • 異常発生と判断すれば110番通報できる。
  • 警察が現場検証を行う。
コスト
  • 保証金:不要
  • 基本工事代:無料
  • 月額リース料:月々7000円台~
  • その他費用:一切不要
特長
  • 泥棒は5秒で逃げる。お客様の鍵は預からない。
  • 侵入させない事を最大の目的とする自主防犯です。
メリット
  • 鍵を預けなくてもいい。自主防犯できる
  • 泥棒を即撃退できる。外周警備できる。
  • 契約はリース・ローン・買取りから選べる。
  • 6年リース契約が一般的。ローンの場合、自由分割払い。

警備会社の場合
  • 音・光の威かくは無い ※警備会社に鍵を預ける(契約時)
  • センサーの検知により、通報装置が警備センターへ通報する。
  • センサーの検知により、お客様へ異常発生の連絡が入る。
  • 異常発生から25分以内に現場到着する。
  • お客様から預かった鍵を使い、現場の被害状況を確認する。
  • 異常発生時、被害状況があればお客様は呼び出される。
  • 警察と警備員、お客様が現場検証を行う。
  • 被害があっても、警備業法により警備員が25分以内に現場到着すれば損害補償はされない。
コスト
  • 保証金:3000円台~
  • 基本工事代:10万円台~
  • 月額リース料:月々1万円台~
  • NTT回線料:月々3000円台~

※NTT回線料=異常信号を取るため定時通報する。費用はすべてお客様負担となる。

特長
  • 5年レンタル契約が一般的。以降1年更新。解約しない限り永続して支払うことになる
  • 侵入後の警備員駆け付けサービスである。そのため侵入後の現場到着が遅い。到着時間 ~25分。
  • 室内警備が基本業務である。特例を除き、外周警備は実施しない。
  • お客様が直接、警備員を呼ぶと出動費を請求される
メリット
  • 25分以内に警備員が駆けつけてくれる。
  • 異常があれば警察を呼んでくれる。

比較

トーカイセキュリティ

警備会社

【主要取引先】
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 東芝電材マーケティング株式会社
  • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
  • SMFLキャピタル株式会社(旧社名:日本GE合同会社)
  • オリックス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • 日立キャピタルNBL株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • アツミ電氣株式会社
  • NECプラットフォームズ株式会社
  • オプテックス株式会社
  • 株式会社ROD
  • 株式会社ティービーアイ
  • 三井住友銀行明石支店 その他
【加入団体等】
  • 公益社団法人 日本防犯設備協会正会員
  • NPO法人 大阪府防犯設備士協会会員 防犯アドバイザー認定
  • NPO法人 兵庫県防犯設備協会会員 防犯アドバイザー認定
  • 愛知県セルフガード協会会員 防犯アドバイザー認定
  • 公益社団法人 大阪府防犯協会連合会 大阪府防犯モデル駐車場審査委員
  • NPO法人 大阪府防犯設備士協会 熊取町・田尻町・泉佐野市幹事
  • 大阪府保険医協同組合
【求人/代理店募集】
  • 営業・工事・販売代理店
【業務案内/取扱商品】
  • 防犯、監視カメラシステム 設計・施工・保守
  • ネットワークカメラシステム 設計・施工・保守
  • 侵入警報セキュリティシステム 設計・施工・保守
  • ソーラー防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • 太陽光発電所向けセキュリティシステム 設計・施工・保守
  • 遠隔監視画像送信システム 設計・施工・保守
  • 街頭防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • 熱源監視サーマルカメラシステム 設計・施工・保守
  • オートロック電磁錠システム 設計・施工・保守
  • 駐車場ロボットチェーンゲートシステム 設計・施工・保守
  • 業務用ウェアラブルカメラシステム 設計・施工・保守
  • WEB会議システム 設計・施工・保守
  • 入退室管理システム  設計・施工・保守
  • 110番緊急通報システム 設計・施工・保守
  • NECビジネスホン、コニカミノルタ複合機、三菱LED照明
【保有資格等】
  • 警察庁公認防犯設備士
  • 第2種電気工事士
  • 低圧、高圧電路作業受講済み
  • 高所作業車講習受講済み
【メディア掲載】
  • TV東京「ワールドビジネスサテライト」で放映されました。
    (平成22年6月)
  • 日本経済新聞電子版に掲載されました。(平成22年6月)
  • 日刊工業新聞に掲載されました。(平成22年6月)