ECP100 110番通報装置

資料をPDF形式で公開しております。
PDFファイルを見るには、Adobe社が無償配布している「 Adobe Acrobat Reader 」が必要です。




 ボタンを押して110番通報!!

110番通報のしくみ

突発的に人命や財産に対する重大な被害が発生、あるいは発生する恐れがあるとき、110番通報ボタンを押すだけで非常事態を自動的に110番へ緊急通報する装置です。

※注)専用アナログ回線の引き込みが必要です。
   但し、0発信の回線は不可です。その場合、電話会社との
   打ち合わせが必要です。

主な特徴

金融機関など、重要度の高い施設に設置する警察機関(110番)への自動通報装置です。
電話機で110番をダイヤルする場合と比べて、この110番通報システムは最優先での対応が確立されており、1分1秒を争う緊急時には大変有効なシステムです。

■ご利用の主な流れ
  • ECP100なら、緊急事態発生時に非常用ボタンを押すだけで自動的に動作を開始します。
    また、電子ブザーが鳴動することにより、職員室や別室でも緊急事態発生を把握できます。
  • ECP100は、あらかじめ録音しておいた建物名称や所在地などを各県警の通信司令室へ素早く通報します。
  • 通報を受け、最寄のパトカーや警察署、交番から警察官が学校・現場へ急行します。また、通信司令室からも逆信電話がすぐ入りますので状況説明ができます。
  • 非常用ボタン押下により、緊急事態発生を素早く通知するとともに、通報状態表示器により通報動作の確認ができます。
  • 従来市場にあった同様製品と比べて、制御部と受話器を一体型にすることで省ス ペース化、軽量化を実現しています。

使用上の注意

  1. 重大事件(強盗等)の発生時に使用してください。
  2. 正しい使用方法や110番通報ボタン、発報確認ランプの取り付け場所を全員が知っておくようにしてください。
  3. 110番通報ボタンを押しても、発報確認ランプが緑色(近畿地方は赤)に点灯しないときは、押し方が不完全ですのでもう一度押しなおしてください。
  4. 発報確認ランプが赤色(近畿地方は緑色)に点灯すると、110番司令室から逆信受理用電話機または本装置が接続されている電話機に呼び出し音が鳴りますので、直ちに応答してください。
    犯人がそばにいるなどで応答できない場合には、受話器を外して周囲の音声が入るようにしてください。

管理上の注意

  1. 本装置の機能を維持するため、管理の責任者を定めておいてください。
  2. 誤報をなくすため、特に次の点に注意してください。
    1. 110番通報ボタンは、防犯カメラの作動ボタンなどと間違えて押さないように離して取り付け、はっきり識別できるようにしてください。
    2. 110番通報ボタンのアクリル板カバーや配線等を破損しないようにしてください。
    3. 掃除するとき、水や洗剤等の使用により配線の絶縁低下を起こさせないようにしてください

次のような時は保守業者へご連絡ください

  1. 事件・事故で110番通報ボタンを押したとき。
  2. 誤って110番通報ボタンを押したり、押していないのに本装置が作動したとき。
    (この場合は直ちに110番に電話して誤報であることを連絡してください)
  3. 110番通報ボタンのアクリルカバーや配線等の破損を確認したとき。
  4. 建物の増改築、電話や電気工事、部屋の模様替え、机の移動等を行うとき。
 

110番非常通報装置の普及

110番非常通報装置は、突発的に人命や財産に対する重大な危害が発生、あるいは発生するおそれがあるとき、110番通報ボタンを押すだけで非常事態を自動的に110番へ緊急通報する装置です。

具体的には、強盗等の犯人が凶器を持って建物内に侵入し、職員等に暴行・脅迫を加えた場合、設置している110番通報ボタンを押すことで、装置が作動して直ちに警察本部の110番指令室につながり、通報場所・所在地、事件の発生を自動的に通報する装置です。110番指令室では、通報場所への逆信電話で事件の内容等を確認できるようになっています。直接110番につながる点で、警備員が通報を受理して対応する警備会社の通報機器とは異なります。
警察では、110番非常通報装置による110番通報を受理した場合、周辺の警察官を直ちに現場へ急行させるとともに、緊急配備等によって犯人の早期検挙と被害の拡大防止を図ることとしています。
このように、110番通報ボタン一つで警察力が集中投入されるという防犯対策上極めて有効なシステムが、110番非常通報装置です。

警察庁では、この110番非常通報装置が犯人の早期検挙や被害の拡大防止等のために役立つことから、事件発生時に備えて準備すべき防犯設備の一つとして設置を指導しています。
当社では、事案が発生した場合の被害の程度や社会的影響等諸々の事情を考慮し、設置が望ましいと認められる施設に対して、その機能・特性を説明しながら110番非常通報装置の設置を勧奨しています。
現在、金融機関のほとんどに設置されていますが、金融機関以外では電気、ガス、水道等のインフラ施設、区市役所等の行政機関、官公署、JR駅及び関連施設、高速道路料金所、バス会社、病院、保育所等に設置されています。

平成28年5月末現在、「設置事業所」は約35,000か所です。

通報6つのポイント
  1. どんな事件・事故か
    どろぼう・強盗・交通事故など
  2. どこで?
    住所、目標となる建物、交差点、そこからの距離
  3. いつごろ?
    たった今なのか、5分前なのか、大体の時間を
  4. 犯人の特長は?
    性別、人相、服装など、逃げた方向は?
  5. 今どうなっているのか
    事件・事故の様子
  6. わたしは?
    報告者の住所・名前・電話番号

仕様
品名 110番通報装置
品番 ECP100
適用回線 一般加入回線
通報機能 110番通報/試験通報/近隣通報/遠隔監視センター通報
表示機能 電源/発報/設定LED
入力 非常用ボタン×3系統(故障診断有)
出力 G:通報灯/R:応答灯/B:ブザー/出力(12V有電圧出力)
電話回線 1:L1/L2
外部電話機 1:T1/T2
設置環境     

温度0~+40℃/湿度20~80%結露なきこと

各種モード 運用モード:通常状態
保守-待機モード:電源起動時モード(誤通報削減機能)
保守-監視モード:設定、故障確認、録音/再生実施
保守-110番試験モード:通信指令室に110番試験実験
保守-試験モード:試験通報先に通報
非常入力 故障診断有り
回線断線 電話回線の断線検出
電池チェック BT有無チェック
定時通報 毎月実施
LED表示 各状況/状態を3個のLEDで表示する


ECP100 関連製品 豊富な周辺機器
外形寸法図
ECP-100

非常用押ボタン

電子ブザー

ターミナルボックス

通報状態表示器

【主要取引先】
  • NEXCO西日本関西支社(西日本高速道路株式会社)
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 東芝電材マーケティング株式会社
  • 京都・梅小路みんながつながるプロジェクト(京都・梅小路まちづくり推進協議会)
  • 特定非営利活動法人(NPO 法人) 明日の京都文化遺産プラットフォーム
  • 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
  • SMFLキャピタル株式会社(旧社名:日本GE合同会社)
  • オリックス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • 日立キャピタルNBL株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 三井住友ファイナンス&リース株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • アツミ電氣株式会社
  • NECプラットフォームズ株式会社
  • オプテックス株式会社
  • 株式会社ROD
  • 株式会社ティービーアイ
  • 三井住友銀行明石支店 その他
【加入団体等】
  • 公益社団法人 日本防犯設備協会正会員
  • NPO法人 大阪府防犯設備士協会会員 防犯アドバイザー認定
  • NPO法人 兵庫県防犯設備協会会員 防犯アドバイザー認定
  • 愛知県セルフガード協会会員 防犯アドバイザー認定
  • 公益社団法人 大阪府防犯協会連合会 大阪府防犯モデル駐車場審査委員
  • NPO法人 大阪府防犯設備士協会 熊取町・田尻町・泉佐野市幹事
  • 大阪府保険医協同組合
【求人/代理店募集】
  • 営業・工事・販売代理店
【業務案内/取扱商品】
  • 防犯、監視カメラシステム 設計・施工・保守
  • ネットワークカメラシステム 設計・施工・保守
  • 侵入警報セキュリティシステム 設計・施工・保守
  • ソーラー防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • 太陽光発電所向けセキュリティシステム 設計・施工・保守
  • 遠隔監視画像送信システム 設計・施工・保守
  • 街頭防犯カメラシステム 設計・施工・保守
  • 熱源監視サーマルカメラシステム 設計・施工・保守
  • オートロック電磁錠システム 設計・施工・保守
  • 駐車場ロボットゲートシステム 設計・施工・保守
  • 駐車場チェーンゲートシステム 設計・施工・保守
  • 駐車場無人管理装置(チェーン式・バー式・電動式門扉・垂直昇降ポール) 設計・施工・保守
  • 駐輪場設備(サイクルユニット・二段式ラック・搬送コンベア)
    設計・施工・保守
  • 駐車場管制装置(車輌検知器・信号灯・IVTカメラ・入出庫管理機器)設計・施工・保守
  • 業務用ウェアラブルカメラシステム 設計・施工・保守
  • WEB会議システム 設計・施工・保守
  • 入退室管理システム  設計・施工・保守
  • 110番緊急通報システム 設計・施工・保守
  • NECビジネスホン、コニカミノルタ複合機、三菱LED照明
  • 高齢者見守りシステム 設計・施工・保守
  • バイタルセンサシステム 設計・施工・保守
【保有資格等】
  • 警察庁公認防犯設備士
  • 第2種電気工事士
  • 低圧、高圧電路作業受講済み
  • 高所作業車講習受講済み
【メディア掲載】
  • TV東京「ワールドビジネスサテライト」で放映されました。
    (平成22年6月)
  • 日本経済新聞電子版に掲載されました。(平成22年6月)
  • 日刊工業新聞に掲載されました。(平成22年6月)

お問合せはコチラから